山形を拠点に活動するフリーランスWEBデザイナーのサイト兼備忘録です

区別しやすくするために!識別性ってなんだろう。

路線図ってなんでこんなに色が分かれているんだろう?

路線図:JR東日本

JR東日本は特に首都圏に山手線を中心としてかなり複雑な路線網を持っていますが山手線は黄緑、京浜東北線は水色など決まった色が使われています。もちろんこれほど路線が込み入ってない地方路線でも路線図の色の違いは明確です。

また、同じ中央線でも、快速線がオレンジで緩行線が黄色など、種別で変わるものもありますね。(三鷹⇔御茶ノ水以外の区間は行き先が変わります。)

路線図だけではなく、駅構内の案内看板に同じ色合いを使い、山手線ホームはこっち、京浜東北線ホームはこっち、のように案内にも使われていますし、車両の色合いにも反映されてたりします。

京急といえば赤

これはJRに限ったことではなく、私鉄各社や地下鉄などでも使われていて、列車種別で変えたり、路線で変えたりと各社で様々な基準を設けて路線図の色を変えていますが、すべて区別しやすくするために色が違ったりします。

色の区別は他の場所にも

他にも銭湯やトイレの男女の区別を示したり、右画像のような本の章の区切りを色分けしているものも区別するための色分けですね。

そういった感じの、色による区別のしやすさを識別性、といいます。

キーワードタグ:

投稿日時:


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※コメントは承認制となっています。管理人の承認を得て初めて掲載されます。
※コメントには以下の HTML タグと属性のみ使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください